禁煙を推奨するCMが増加!水煙草は意味がない?

以前はCMで煙草の宣伝をしている事がありました。新しい銘柄が登場した際には当たり前のようにCMで流れていたのですが、現在ではそのようなCMは一切ありません。反対に禁煙を推奨するようなCMが増加しており、世の中に脱煙草の流れが作られています。
それだけ煙草には害があり、禁煙をする事が重要という事です。しかし禁煙をスムーズに行うのは大変ですし、また、変則的な対策をされる方もいるようです。例えば煙草を吸わない代わりに水煙草を利用される方もいると言われています。普通の煙草と比較をすると安全性が高いように感じ、それによって水煙草へとシフトしてしまうようですが、しかし水煙草にも煙草同様の害があります。ニコチンやタール、一酸化炭素などの有害物質は同じように含まれていますので、結局は身体にとって害になってしまう存在です。しかも普通の煙草以上の害があるというデータもあります。水を使っているゆえに煙草よりも安全に使えそうというイメージで利用される方もいるようですが、実は煙草以上に有害という事もあり、水煙草を利用するのは決して良い事とは言えないのです。
煙草をやめる為にはやはりスッパリと断ち切るしか道はありませんので、何かで代用をしようと考えない方が良いでしょう。代用があるようですといつまで経っても禁煙はできませんし、煙草を近くに感じている限り、また元の喫煙者に戻ってしまう可能性もあります。完全に煙草との縁を断ち切ってこそ成功を掴む事ができますので、禁煙方法はよく考えた方が良いと言えます。
もし自力での禁煙が難しい時には一人で我慢せず、禁煙外来に相談をするのも一つの手ですので、思い切って病院へ行ってみるのも良いのではないでしょうか。